「新レザーブランド」立ち上げについて

こんにちは

宮城です。

すっかり秋めいてきましたね。

朝晩は少し寒さを感じる季節になりました。

体調崩しやすい季節です、ご自愛ください。

 

早速ですが

最近異業種の方から新ブランド立ち上げについて相談される機会が増えました。

 

何かの参考になればと思い、よく質問される内容記事にしました。

 

(質問1)

10年前と比べると消費者から求められる商品は変わっていると思います、

現在の小売店で求められている商品について教えてください。

(回答)

2018年現在バッグ、革小物市場は厳しい状況が続いています。

百貨店のバッグ売り場は縮小または上層階に異動になり、館自体が閉店する方向ですね。

商品を販売する小売店がなくなりつつある状況です。

好調なのはラグジュアリーブランドを除くと、

ケイトスペード、フルラ、ロンシャン、マイケルコースなど中価格帯のインポートブランド。

国産ではコンセプトがわかりやすく、オリジナリティーのあるブランドが数社生き残っているのみです。

 

アイテム的にはバッグより財布、革小物の動きが比較的堅調です。

リュックは落ち着いてはきましたが、定番として残っています。

サコッシュがオンオフ共に堅調。

財布は長財布から小ぶりタイプへ変化する傾向にあり、フリーケースなども増えてきました。

今後は電子マネーなどお金そのものを持たなくなる時代も考えられます。

革小物は買い換えやギフトの需要が安定していて需要を押し上げています。

(質問2)

ハイブランドはイタリア製に拘っているところが多いように見受けられるが

日本の消費者はどこまで価値をみいだすのか?

(回答)

セレクトショップなどではイタリア製含めインポートブランドを好む傾向にあります。。

3~4年前まではイタリアレザーを使うことで差別化も図れて効果的でありましたが、

最近イタリアレザーも1枚から購入することができ、個人の作家さんも

簡単に手に入るので差別化が難しくなってきています。

メイドインジャパンもしかり、日本製という響きも新鮮でなく消費者に訴求する

ポイントとしては薄いのではないか?と感じます。

消費者はさらに新しい切り口、デザイン、素材を求めていると感じるので

その上をいく商品を探しています。

 

 

(質問3)

同じレザーブランドでもメンズとレディースでは売り方やブランドのマーケティング

もかなり異なるように思うが、実際スタートしやすいのはどちらですか?

 

簡単にお答えできませんが、レディースはどうしても市場の変化が激しく、サイクルが短い傾向です。

それに比べメンズ、ユニセックスタイプの方が商品のサイクルが長く、比較的安定しているように感じます。

 

最近の傾向はバッグ市場が厳しいので財布、革小物市場の割合が増えています。

オールレザーの商品からナイロンなど素材を組み合わせる傾向も増えています。

(プライス対策、軽量になることが理由として)

 

以上です。

 

 

 

関連記事

プロフィール

宮城基郎プロフィール

宮城 基郎(ミヤギ モトオ)
詳しいプロフィール

最新の記事

  1. こんにちは宮城です。すっかり秋めいてきましたね。朝晩は少し寒さを感じる季節になりました。
  2. こんにちは宮城です。八月も残すところ明日で終わり、今年もあと4か月ですね。
  3. こんにちは宮城です。いよいよ梅雨入りしましたね。
  4. 桜満開のシーズンから早くも初夏の気温に変わり昼間は半そでTシャツでもいいような陽気で大好きな...
  5. こんにちは宮城です。