2017年デビューしたばかりのプロダクトブランド<KLON(クローン)>


こんにちは、宮城です。

ワンオー PR01.事業部主催の合同展示会「PR01.TRADESHOW(トレードショー)」レポート第二弾をお届けします
同展は77ブランドが出展し、三日間で3000人が来場。ストリート感のあるブランドが増え、独自色を打ち出しています。
東京らしいストリートカジュアルを好むアジアのユーザーが根強く、呼応するようにバイヤーも増えているそうです。
個人的にも東京らしいエッジの効いたメンズやユニセックスのブランドが気になりました。

 

今回は2017年デビューしたばかりのプロダクトブランド<KLON(クローン)>をご紹介します。
すべての装飾を排した潔いデザイン、シンプルで均等のとれた美しいフォルムのプロダクトをリリース。
製品のもつ逃れられない<CLONE(クローン)>としての宿命と、語源である<KLoN (クローン)>の、
植物の枝分かれのように脈々と受け継がれる多種多様な個性を融合させ、
シンプルで個性的なプロダクトを目指し<KLON (クローン)>と名づけ、スタートしました。

 

運営しているのはロゴマーク、リーフレット、カタログ、会社案内、DMなどを扱うデザイン会社<タイタンアート>。
異業種からの視点を生かしたクリエイションが新鮮ですね。
主力として「2017 GOOD DESIGN AWARD」を受賞した「180 ONEーEIGHTY」を展開。
180度開く開口部が特徴のシリーズです。

 

 

「極限にシンプルでスタイリッシュ」にするべく、剥ぎをなくし、ステッチを見せず縫製。
素材には姫路産の上質な牛革を軽く薄く加工しています。
剥ぎをなくすことは革の取り都合が悪く、コスト高の原因になるため、
通常は避けられますが、敢えてトライした、
とても贅沢なつくりです。そのほか、止水ファスナーを採用。ファスナー部分を隠し
、よりフラットな仕上がりに。
オリジナル裏地など、細かいところまでこだわりが詰まっています。

 

バッグ以外では時計が人気。スタイリッシュな文字盤(数字、アルファベットのフォントやその組合せ)、
多様なシーンで身につけられるテイスト、リーズナブルな価格が大人世代に支持を集めています。

 

現在はウェブ販売が好調ですが、ブランディングを強化し、リアルショップも視野に。
帽子やTシャツほか製品バリエーションも拡充され、今後が楽しみです。
シンプリティを極めたスタイリッシュな世界観をぜひ、
下記リンク先のオフィシャルサイトでご覧ください。

klonklonklon.com

関連記事

プロフィール

宮城基郎プロフィール

宮城 基郎(ミヤギ モトオ)
詳しいプロフィール

最新の記事

  1. こんにちは。 宮城です。
  2. こんにちは 宮城です。遅くなりましたが 本年もよろしくお願いいたします。
  3. こんにちは 宮城です。
  4. こんにちは。宮城です。
  5. こんにちは、宮城です。