アフターコロナで思うこと

皆様 こんにちは

久しぶりの投稿です

コロナ渦の中、3月以降ビジネスも激変しています。

商業施設がイベントを中止したり入店客数も都心店ほど低下しています。

 

そんな中、新規バッグの生産の打診があり、情報としてシェアしたほうが良いかと思い投稿します。

ブランドを立ち上げる方の共通な思いとして

・ミニマムロットで生産したい。

・できれば一括納品ではなく分納も可能ですか?

・サンプル代はいくらかかりますか?

という質問が多いです。

この質問に対して回答ですが

・商品のデザインにもよりますがオリジナルのデザインであれば1型50本は必要かと思います。

理由として生産するのに型を作るので型代として5から6万円かかります。(100本生産して1本500円の原価がかります)

償却するのに本数が少ないと原価に影響します。

職人さんもあまり本数が少ないと給料が少なくなるので受けたくないといわれてしまいます。

ビジネスをやると決めたなら覚悟を決めてある程度の本数を発注する必要があります。

納品も一括納品が常識で分納はお断りしています。

ビジネスは人間関係が大事であり、取引の初めに分納の話をすることで

末永く良い人間関係を結ぶことは厳しいと思います。

サンプル代は3万から4万円です。修正することにかかります。

私もMD時代に上司からファーストサンプル作成の前に修正はあっても一回で済むように

デザインを詰めなさいと指導されました。

 

*サンプル依頼だけでなく生産も必ず、お願いすると確約があると譲歩していただける可能性もあります

 

少し厳しい話になりましたが

現状のお話をしました。コロナ渦の中、今後のビジネスの見直し、ご自身の特性を生かした副業など

今までと同じビジネスのやり方では益々厳しくなる状況ではないでしょうか?

 

 

 

関連記事

プロフィール

宮城基郎プロフィール

宮城 基郎(ミヤギ モトオ)
詳しいプロフィール

最新の記事

  1. 皆様 こんにちは久しぶりの投稿ですコロナ渦の中、3月以降ビジネスも激変しています。
  2. こんにちは宮城です晩秋の候、風邪などひきやすいい季節、体調お気を付けくださいね。
  3. こんにちは 宮城です。
  4. おひさしぶりです、宮城です。少しづつですが日が伸びてきましたね。
  5. こんにちは宮城です。すっかり秋めいてきましたね。朝晩は少し寒さを感じる季節になりました。