トピックス

2015~16年 インポートバッグ 秋冬トレンド

モデレートゾーンのインポートバッグの15から16年秋冬トレンド

 

傾向としてグラフィカルなカラーブロックやトラディッショナル柄がアクセントになっています。

トレンドが続くミニバッグのバリエーションと キャリア向けのシンプルなトートバッグの提案も増えています。

全体の傾向

 

ミニボストン、ミニショルダーといった小型バッグと最近特に 注目されている巾着バッグのフォルムが充実してます。

ギフトシーズンを意識してアイコンバッグの色、サイズの新しい バリエーションも目立ちます。

ロンシャン

 

カラフルなグラフィックと素材のコンビネーションが特徴 広告で押しているのは、ル・プリアージュ、エリタージュの新作です

台形型トートの最小モデルとスクエアーのミニショルダー型 (各11万3000円、7万9000円) キャリア女性を意識したより実用的なシリーズ、オノレ、ペネロペ も期待しています。

ケイト・スペードニューヨーク

 

ロングセラーのセダーストリートのメイスの新型で大きめサイズの メガメイスを出します。

色サイズを変えて様々なバリエーションで押します。 秋冬キー素材のタータンチェックの柄も登場。

ブガッティ型は今目注目です。

 

次の押しはかっちりスクエアーフォルムのショルダー付 30代キャリア向けに訴求します。

入門編としてミニショルダーのハーモニークロスボディー もしかけていきます。

フルラ

 

今季の新作はトレンドの続く巾着ショルダーヴィヴァ(8万2000円)

ジップ使いとグラフィカルなカラーブロックが特徴です。

 

キャリア向けに人気なハイパー6万6000円にもカラーブロックが登場しました。

その他にも小型のチェーンバッグも充実しています。

 

全体的にグレーシュなカラートーンでシックにまとめてます。

関連記事