トピックス

「知的メタボリック」から脱出するには

yjimage

英文学者でエッセイリストの
外山 滋比古さんの本「思考の整理学」から学べること

1983年から30年間ベストセラーで売れている本です。
今の学生は良く勉強するが知識に頼っていて面白くない。
逆に知識には欠けているが独自性を感じている論文もあった
この違いはなんでしょうか?

頭は知識を貯めこむ倉庫ではなくて
創造の為の工場にするにはどうしたらいいか?
考え直す時期にきていますね。

コンピューターや人工知能が発達している時代には知識や能力では

人間はかなわないことがはっきりしてきました。フィンテックなど新しい分野が開発されて

既存の仕事がITやロボットに代用される時代も近いようです。

30年間ベストセラーで売れていることは最近もっとも切実になってきて
みんなが関心を持っているからだと思います。

ダイエット、ごみ減量、健康、など知識や情報過多で逆に身動きがとれなくなってませんか?
「知的メタボリック」の状況です。

幸い人間は眠っている間は大抵の事は忘れるようにできてます。
そのうえで残った知識、情報を整理して取捨選択して捨てていく。

頭の中をすっきりさせて新しい思考、発想を生み出す環境を整える。

断捨離や情報整理術などの本も多く出てますが、一人一人価値判断がちがうのでマニュアルはありえないですね。

中高年の方々は円熟した知恵で巧みに整理できるので、たとえ物忘れが増えても
嘆く必要はありません。

知識とは何かの根本に向き合うことです。
生活にかけ離れたものではなく、その人のいきかたに関わるような知識。
年と共に増えていく知識こそが本物の知識だと強調されてます。

これからは世間の評判や風潮に流されず、捨てることと「本当に何を知りたいのか」
を考え直す時代だと思います。

関連記事

プロフィール

宮城基郎プロフィール

宮城 基郎(ミヤギ モトオ)
詳しいプロフィール

最新の記事

  1. こんにちは! 宮城です。
  2. 今日は 宮城です。
  3. こんにちは 宮城です。今週もインテリアライフスタイル展で出会った注目ブランドをご紹介します。
  4. こんにちは宮城です!今回は2017年6月14日から16日まで行われた「インテリアライフス...
  5. こんにちは! 宮城です。関東も梅雨入りですね。 体調崩しやすい季節ご自愛ください。