イタリア 2016年秋冬レザートレンド (PART2)

(革の傾向)

人によって見解は違いますが注目色は
コーヒー、グレー、ワイン、キャメル
という出展者の意見が多かったようです。

『黒は外している』ということだと思います。

グレー、ワインは想定内だがキャメルが意外でした。
革らしい革を表現するのに適切な色ということだと思います。

(加工物)

革らしい革は艶、シボをたたせたブラウン系の革が第一の傾向です。

(バインディング)

2種。3種の素材を結合させる方法。
モチーフを切り抜いた革、革にレース。革の裏に
エナメルや箔加工した素材などや3D的なものまで
見られました。

(フロッキープリント)

今回多く見られたが革やテキスタイルに
細かい繊維を接着して模様を描き出す方法。

柄は幾何学柄からペーズリーやナチュラル的なものまで
様々です。

(3D)
キルティングや型押しが中心の方法で凹凸がよりくっきり
しているのが特徴です。

(シャイン)
光物も多く。
ゴールド、シルバーからグリッターやラメ加工も多く見られました。

2016年秋冬レザーの傾向は
革らしい革と複合手法の加工物の二極化です。

PART1でも書きましたが良い革が入らなくなると加工物が増えます。

現状の食肉市場を考えるとこの流れは続き、革以外の新素材の
登場も予想されます。

関連記事

プロフィール

宮城基郎プロフィール

宮城 基郎(ミヤギ モトオ)
詳しいプロフィール

最新の記事

  1. スペシャリストブログ」<宮城基郎>【工場見学】注目タンナー<ジュテル・レザー>の見学会が大人気です...
  2. こんにちは 宮城です。
  3. こんにちは 宮城です。
  4. こんにちは 宮城です。今週はタンナーさんからご紹介のブランドです。
  5. こんにちは 宮城です。9月はルームス、ギフトショー合同展が目白押しですね。