初めてミラノのリニアペレ(革の展示会)にいってきました。

mirano16

革、素材、金具、副資材など新しいアイデアを探しに

ミラノの革の展示会にいってきました。

 

一人でできるだけ経費を抑えて出張しようと色々調べた結果、

成田からミラノまではモスクワ経由のアエロフロートが一番安く、

ホテル宿泊と4食朝食付きで17万のツアー(一人部屋の為チャージ4万円、二人だと13万円です!)で

万博もあるこの時期にしてはリーズナブルでした。

 

ホテルもサンアゴスチーニ駅近辺で交通の便も良くラッキーでした。

ただモスクワまで約10時間、モスクワのトランジットで4時間とかなりの時間がかかりますので

お金で時間を買うことも必要かと自己判断ですね。

トランジットはWIFIフリーで仕事もできるのでべんりですね。

深夜23時30分ミラノ着

深夜についたのであらかじめタクシーを予約しました。

通常空港から市内まで10.000円以上かかりますが

ツアー会社で頼むと8.000円でした。

1442362129612

 

初日、2日目は展示会場視察です。

リニアペレ展示会場入場券は前もってネットから登録してプリントアウトすると

ストレスなくすぐ入れます。

無料です

 

展示会場は広大なので今回は慣れている革屋さんに同行して

行動させていただきました。

個人的には革のブース以外にも日本には手に入らない

型押しの型屋さん、ファスナー関係など差別化できそうなブースもあってものつくりにつながると思いました。

mirano14

3日目は市場リサーチです

ポルタジェノバ地区のセレクト、ビッフィ―など

コルソコモ地区、

ドォーモ、モンテナポレオーネ、スピーガなどのブランド街を視察。

 

特にドォーモ近辺のエクセシオールは雑貨からラグジュアリーブランド、アンティークまで

ルブタンからティファニーからカシオまでセレクトが楽しいので必見ですね。

デパート リナシェンテはブランドがひととおり見れるのでリサーチには便利です。

 

おみあげはポルタジェノバのスーパーでオリーブオイルやバルサミコなどがリーズナブルでした。

 

空港までの便としてはミラノ中央駅から空港までバスが便利です。

(ここから展示会場行きの無料バスがでています)

中央駅正面みて左側がマルペンサ行のバス、右側がリナーテ行きのバスがでていて

8ユーロでした。

 

個人的には商品リサーチは何回か経験があればひとりで大丈夫ですが、

革の展示会は慣れている方の同行が必要ですね。

やはり時系列で見ている方が一緒だと判断材料が増えて知識も増えます。

今回の目的は世界基準のオリジナル革の発掘とハンドルのつけかたのテクニック、

おもいしろい金具、バッグ、小物の傾向リサーチでした。

 

セルフカンバセ―ション

海外に行くメリットのひとつとして

改めて自分に向き合う時間を作れることもあると思います。

現在の仕事の方向性や本当にこれからしたいこと、そのためにはどう動くかなど

 

セルフカンバーションの贅沢な時間が使えます。

独立してからこの時間が大事だなあと感じます。

ファッションの勉強、リサーチとともに自分に向き合う時間が持てたのは

収穫でした。

 

 

関連記事

プロフィール

宮城基郎プロフィール

宮城 基郎(ミヤギ モトオ)
詳しいプロフィール

最新の記事

  1. スペシャリストブログ」<宮城基郎>【工場見学】注目タンナー<ジュテル・レザー>の見学会が大人気です...
  2. こんにちは 宮城です。
  3. こんにちは 宮城です。
  4. こんにちは 宮城です。今週はタンナーさんからご紹介のブランドです。
  5. こんにちは 宮城です。9月はルームス、ギフトショー合同展が目白押しですね。