これからのファッションビジネスの肝「オリガミ」!!

 

yjimage

新しい決済システム。今後の展開が楽しみな「オリガミ」のセミナーにいってきました。

4年前に康井社長が立ち上げたスマートフォンを使った新しいショッピングサービスです。

2015年のスマホの出荷数は約3980万人、一方PCのユーザーは約850万台だそうです。

(先日東芝とVAIOの協業の話も破談になりました)

PCからスマホの時代ですね。

世界的に見ても

2008年5兆円

2015年15兆円

2020年30兆円

とアメリカ、中国中心にオンラインショッピングのマーケットは広がる予想です。

スマートフォンの普及率も

2012年 30%

2014年 50%

2016年 70%

と加速しています。

中国はクレジットカードや現金を使わずほとんどの人がスマートフォンで決済しています。

そんな中オリガミのシステムは

最初に「オリガミ」のアプリをダウンロードしてスマホで簡単にピッとするだけで

ショッピングが楽しめます。

現在アーバンリサーチ、阪急メンズ館 MOMA、ワイヤードカフェ

パルコなど 1500社 4500店舗に増える予定です。

大手が出資していますので間違いなく今後増えていくと思います。

集客にもつながるシステム

今までは購入していただいたお客様に情報をを書いていただき

DMを出し→メルマガを発行し→メールを開いていただくという時間と労力をかけてリピートにつなげていました。

 

オリガミでは購入していただいたお客様のリストはストレスなく集められ、

分析して次の販売やリピートに繋げることが簡単にできます。

蔦屋のTポイントカードや伊勢丹Iカード同様顧客の細かい分析をして次の一手を探ることができるということです。

フィンテックなど新しいサービスの時代が来る

ファッションビジネスもテクノロジーでコストを下げる時代になってきます。

銀行の手数料、クレジットカードの手数料などのコストを下げ、

テクノロジーがアナログのシステムから新しいサービスにたいして消費行動の変化をもたらす時代です。

ナナコカード、スイカカードなど電子マネーの普及や

アマゾンの販売がリアルな本屋さん全体の売り上げを抜いたとか

 

ウーバーが外国では当たり前になったり、

身近なところでは当たり前の世の中になりました。

顧客を分析するコストも下がりますね。

 

ファッションビジネスでもテクノロジーにまかせられない、

人間にしかできない仕事や役目をいち早く確認して

任せるところと人が必ず関わるところの見極めが必要だと思います。

 

何かのヒントになれば

 

関連記事

プロフィール

宮城基郎プロフィール

宮城 基郎(ミヤギ モトオ)
詳しいプロフィール

最新の記事

  1. こんにちは 宮城です。9月はルームス、ギフトショー合同展が目白押しですね。
  2. こんにちは 宮城です今週は小石川にあるDESIGN 小石川でおこなわれた AEMONOの...
  3. こんにちは 宮城です!今回は埼玉県草加にあるタンナー「ジュテルレザー」 にいってきま...
  4. こんにちは! 宮城です。
  5. こんにちは! 宮城です。今週は代々木上原で偶然見つけた大人のバッグショップを紹介します。