「リアルな起業体験」が聞けるデザビレ報告会 パート6

yjimage

こんにちは。                                                                                                宮城です。

早くも5月中旬                                                                                                今週はバッグの展示会が多く                                                                                           今期のAW商品がどんな新作がでるか?                                                                                   楽しみです。。

========================

早速始めていきます。

今回はTETE レザーのハンドバッグブランドです。                                                                           デザイナーは古田佐和子さん。

TETEは2ラインで構成されて                                                                                                ファーストラインはVEGETABLE AND FRUITで                                                                            美味しい形がコンセプトで                                                                                         玉ねぎ かぼちゃ 洋ナシのシリーズがあり

フォルム重視のアイテムです。

セカンドラインは果実が熟してはじける                                                                                  瞬間を表現して裂け目はポケットになっていて                                                                                定期、携帯をおさめるのに便利なバッグ、雑貨です。

古田さんは プロダクトデザインの学校を卒業して                                                                             デザイン会社に就職して

その後バッグメーカーを経て                                                                                       パタンナーの下積みをしながら

整骨院のアルバイトで資金を貯めて                                                                                      デザビレに入所しました。

1年目はコンセプト固め                                                                                      VEGETABLE & FRUIT                                                                                        かぼちゃや玉ねぎのデザインを生み出す

職人さん探し。【生産工場が少なくご苦労されたと思います】

ルームスに出展 【屋台のディスプレイを作って見え方の工夫をする】                                                                    イベントの勧誘のオファーをもらう。

2年目はポップアップストアで販売する(年間18本)→                                      →イベントに出ると生産が上がらなくなる。

結果ブランドの世界感、商品の見え方を知る。                                                                                 他ブランドの売れ筋など情報を得る。

在庫が増えてきて資金を圧迫しはじめる。

 

そんな中あるきっかけで                                                    バングラディッシュの工場と出会いました。                                          祖それが縁でバングラ工場のOEMの窓口も始めます。

3年目は生産を海外にシフト 「バングラディッシュ」生産へ                                                                                     年3回バングラディッシュに通うようになる。

バングラディッシュに自腹で出張し、工場とコミュニケーションを取りました。                                                                                            その間は在庫があがらないのでイベントができなくなります。

現在は海外生産も稼働してきて

マニコレやイベントなどでオーダーも入りデザビレから卒業するそうです。

【海外生産のデメリット】

・付属の手当が困難                                                                                            ・金具のクオリティーが不安定                                                                                        ・現地の人は悪いと認めない                                                                                              ・輸送は船便で1か月かかる。

【海外生産のメリット】

・サンプルから生産まで一つのラインで関われる。                                                                               日本だと職人さんが違う場合が多い。                                                                                     ・一度信頼関係を作るとまかせられるので                                                                                   自分の時間ができる。                                                                                             ・職人が若く、技術は日々うまくなっていく。                                                                                 ・生産の量も上がるようになる。

日本製に拘って作るのがメジャーになってますが                                                                              実際職人さん、工場さんはいっぱいで                                                                                   苦労されている方も多いと聞きます。

バングラディッシュはとても親日で人口年齢も若く、                                       教育にも熱心な国なので今後発展が楽しみな国です。

生産は日本だけでなく将来本数がまとまってきたら                                                                             海外も視野に入れた方がいいですね。

古田さんの今後はデザビレを卒業して横浜にオフィスを移して                                                                       バッグの製造卸しの分野だけでなく新しいことにチャレンジしていくそうです。

ご活躍応援しています。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

関連記事

プロフィール

宮城基郎プロフィール

宮城 基郎(ミヤギ モトオ)
詳しいプロフィール

最新の記事

  1. こんにちは 宮城です。9月はルームス、ギフトショー合同展が目白押しですね。
  2. こんにちは 宮城です今週は小石川にあるDESIGN 小石川でおこなわれた AEMONOの...
  3. こんにちは 宮城です!今回は埼玉県草加にあるタンナー「ジュテルレザー」 にいってきま...
  4. こんにちは! 宮城です。
  5. こんにちは! 宮城です。今週は代々木上原で偶然見つけた大人のバッグショップを紹介します。