トピックス

16~17年秋冬 レディースバッグ商戦の方向性 商品編

こんにちは。
宮城です。
サッカーの試合に監督として参加。
見事4-2で勝利を収めました。
3試合めにして初勝利。
要因は経験者をデフェンスに固めたので守備が安定化したこと。
中盤にボールを持てる選手にして
その選手を起点にボールを回し
ゲームを支配することができ
選手が落ち着いてプレーできました。
対戦相手によっていつもうまくいかないですが
相手が強いチームでも
言い訳や人のせいにするだけでなく
「じゃーどうする?」
と考えて行動したいですね。
「すべては自分に返ってくる」
それでは始めましょう。
16~17年秋冬の傾向は脱ミニマル、シンプル
yjimage
素材に表面加工やパーツ使いした
ブランドが増えています。
パール加工やシープのシュリンク加工、
牛革艶加工など種類は豊富です。
革以外はチュールのフロッキー加工や
「ストライプのテープ使い、リボン使い」などパーツ使いも重要です。
秋冬ならではのフアー使いも人気で
ムートン、アザラシ、カルガンラムなど毛足使いも増えています。
リュック、ミニショルダーは人気の継続
アイテムではリュック人気が定着。
マーケットでは年齢の幅が広がり
まだまだ継続する見込みです。
各社の方針は
【リュックの集積を心掛ける】
リュックの高級ラインの
新色、新型など力を入れています。
ここシーズン欠かせないのが
長財布が収まる程度のポシェットが市場に広がっています。
「小ぶりの雑貨の強化。ミニバッグ、ポシェットウオレットの充実」
財布一つだけ入るミニポシェットが人気で新色を強化する」
など各社仕掛けを考えています。
===================
バッグが売上を革小物におされている中
アイテムを絞って強化することも必要です。
ただありがちなリュックの集積、
ミニショルダーの集積ではなく
そこに一つ工夫しないと新鮮さが足りないと思います。
土屋かばんの大人リュック(10万円)が売れているようです。
海外のお客様のシェアが高いそうです。
これも一つのヒントになるのではないでしょうか?
読んでいただきありがとうございます。


 

各社の方針は

【リュックの集積を心掛ける】

リュックの高級ラインの

新色、新型など力を入れています。

ここシーズン欠かせないのが

長財布が収まる程度のポシェットが市場に広がっています。

小ぶりの雑貨の強化。ミニバッグ、ポシェットウオレットの充実

財布一つだけ入るミニポシェットが人気で新色を強化する」

など各社仕掛けを考えています。

===================

バッグが売上を革小物におされている中

アイテムを絞って強化することも必要です。

ただありがちなリュックの集積、

ミニショルダーの集積ではなく

そこに一つ工夫しないと新鮮さが足りないと思います。

土屋かばんの大人リュック(10万円)が売れているようです。

海外のお客様のシェアが高いそうです。

これも一つのヒントになるのではないでしょうか?

 

読んでいただきありがとうございます。

関連記事