トピックス

10年目を迎え『ウエルネスデザイン』を掲げるマッシュHD

スナイデルやジェラードピケ。コスメキッチンなどファッション業界の規制概念にとらわれず
自由な発想で今やグループ全体で428億円の年商を掲げるマッシュホールディングスは
今年で10年目を迎えます。

そこで新たに企業理念にウエルネスデザインを加えました。
具体的には女性にとって健康的で気持ちいいことを念頭にファッションやビューティー、食などの
多様な事業を進化させるという考えです。

それに伴い本社移転と事業会社再編を行います。

その他にルームウエア、オーガニックコスメ、ジューサリー、カフェ、スポーツウエアなど
女性の様々な生活シーンをカバーしていきます。

特に最近はスポーツと食を強化し
『ライフスタイルをカジュアルに楽しむことで、女性の気分が上がったり、精神的な健康につながれば
気持ちいい』をテーマにしているそうです。

ウエルネスデザインという理念を通して新たな価値観を提供していくことで
10年後の将来の為に原点に立ち返り、企業デザインもリニュアルするそうです。

11月に本社を麹町に移転し、新オフィスはウエルネスデザインの発想で、社員が働きやすい環境を配備しました。
1階は社員が使えるヨガスタジオ、フィットネスジム。社員や取引先向けのオーガニックジューススタンド、
レストランなどを設置しました。

敷地に小さな畑を作り、有機栽培をした食材を出すことも考えているそうです。

事業内容もレディースブランドはマッシュスタイルラボで統一して、
飲食事業はホールディングスのもとカフェやジューサリーなどの多店舗化
を進めます。
この他ワインの輸入、レストラン、コンサル事業も進めていくようです。

今後のマッシュグループの動きに期待です。

関連記事