ファッショングッズ2015年の業績 バッグ、革小物編

ファッショングッズ2015年の業績 バッグ、革小物編
 
こんにちは。
宮城です。
 
台風も過ぎ去り残暑が厳しい季節です。
猛暑の疲れが出る頃ですので
睡眠などたっぷり取って体調お気を付けください!
 
店頭では秋物が並び顧客の方は早くもコートや新作を購入している方も見受けられます。
 
気になるファッショングッズの中でもバッグと革小物の業績を調べてみました。
 
2014年まではアパレルに比べ落ち込みは抑えられていましたが徐々に消費の低迷や
インバウンドの需要の落ち着きで苦戦する場面が多くなってきています。
 
そんな中メンズは安定しているようです。
 
総じてメンス市場は安定していてメンズが主力としているところは伸ばしています。
エース 4.2% 吉田 1.1% 井野屋 6.1%
 
レディースの売り上げが堅調で維持できているところは財布に頼っているところが多く、
バッグだけでは売上確保は厳しくなっています。
2015年までは大きく落としているいるところは少ないですが
 
2015年秋冬以降2016年に入り財布も厳しくなり今年になりかなり苦戦しています。
 

新商品の打ち出しが好調

 
エース、吉田、井野屋では特に新商品の提案が当たり売る上げに結びつきました。
アジオカも自社ブランドが育ってきており新商品の開発がうまくいっているとのことです。
 
ボリュームゾーンが厳しい
 
低価格、類似品があふれていて差別化が厳しい。
販路も百貨店、量販店向け卸しは難しい。
変わりにECとテレビ通販は好調です。
販路の変化の対応も求められています、
 

大手小売りは好調

yjimage

 
サックスバーホールディングスやサマンサタバサジャパンリミテッドは好調
サックスバーホールディングス6.6%up
サマンサタバサジャパンリミテッド10.5%up
レイジースーザンは後半から厳しさを増しており、メンズバッグで現状維持しています。
 
sama
 
今後の対策
EC,自社サイトの強化
SNSの強化でライフスタイルに敏感なファンつくり。
新しいデザイン、機能の商品開発
販促や接客の強化。
 
徐々に大手小売り業が有利になってきていますがトータルで構成を組まないと
店頭を維持することが難しくなることも予想されて、
卸しや中小の小売含めまだ今後淘汰される時代が来るかもしれません。
 
 
 
 
 
 

関連記事

プロフィール

宮城基郎プロフィール

宮城 基郎(ミヤギ モトオ)
詳しいプロフィール

最新の記事

  1. こんにちは、宮城です。
  2. こんにちは、宮城です。
  3. こんにちは 宮城です!今回はMONOMAX8月号の付録、アーバンリサーチの本革長財布について...
  4. スペシャリストブログ」<宮城基郎>【工場見学】注目タンナー<ジュテル・レザー>の見学会が大人気です...
  5. こんにちは 宮城です。