トピックス

バッグ、革小物メーカー卸しの情報(百貨店戦略)

rannbann

バッグ、革小物メーカー卸しの情報(百貨店戦略)

百貨店を主な販路とするバッグ、革小物メーカー、卸しの会社は                                                          主力ブランドの店頭イベントや仕掛けで売り上げの維持、拡大を続けています。                                                   原皮高騰や国内工場の不足からより付加価値を高めて単価アップの傾向にあります。                                                   革業界、バッグ業界でここ2年、3年バッグのトレンドがなく動いているのは高額品かブランド品で                                          レディースに比べメンズが善戦しているとも声が多いです。                                                            特にバッグに比べ革小物の売れ行きがいいので革小物に異業種含め参入が増えています。                                               その為革小物の職人さんが不足で取り合いになったり、納期が遅れています。

そんな中 クィーポは主力ブランド「ゲンテン」が前年を上回り好調で、

アパレル同様「ランバン・オン・ブルー」が大きく伸ばしています。

スタイルはポールスミスがバッグ、財布とも顕著な動きです。

マルショウエンドウは「シャルル・ジョルダン」がフォーマルをプラスしてブランドの充実を計りました。

ヤマニは自社ブランドが倍以上の伸び,                                                                     アジオカはメンズの「ガンゾ」、レディースの「エポイ」が好調です。

好調ブランドの傾向は上質で国内生産の特徴があるもの。

自社オリジナルブランド、ベターゾーンのブランド

アパレルの好調なライセンスブランドです。逆にボリュームブランド動きが厳しいようです。

今後は各社店頭でのフェアーや期間限定ショップを開催したり売る上げが期待できるブランドに重点的に仕掛けていく方向です。

企画面ではミセス中心のブランドに若々しさを盛り込んで改善したり                                                       バッグ、財布の中間ゾーン(スマートフォンケースなど)今後拡大しそうなマーケットに注力を注いでいきます。

インターネットやスマートフォンでの買い物や個人と個人の取引の拡大、中古市場、レンタル市場など流通が大きく変化していく中                            

今後競争がますます厳しくなりそうです。

何かのヒントになれば

関連記事

プロフィール

宮城基郎プロフィール

宮城 基郎(ミヤギ モトオ)
詳しいプロフィール

最新の記事

  1. こんにちは! 宮城です。
  2. 今日は 宮城です。
  3. こんにちは 宮城です。今週もインテリアライフスタイル展で出会った注目ブランドをご紹介します。
  4. こんにちは宮城です!今回は2017年6月14日から16日まで行われた「インテリアライフス...
  5. こんにちは! 宮城です。関東も梅雨入りですね。 体調崩しやすい季節ご自愛ください。