トピックス

ネットでは体験できない店つくり

 %e3%83%a9%e3%82%ab%e3%82%b0
ネットとは違う魅力ある店つくり
 
大手アパレル中心にネットの売上は順調に伸びています。
ただアパレル含むファッション中心の卸しの倒産件数は増えていて
必ずしも全体の売上の伸びには繋がっていないようです。
 
大手セレクトショップは集客の見込める主力店に絞り内装、品揃え、接客、サービスを刷新して
足を運びたくなる店つくりを行うことで販売の底上げをしています。
そんな中8月下旬に改装オープンしたサザビーリーグの「ラカグ」にいってきました。
神楽坂にあるラカグは元は新潮社の書籍倉庫で衣食住にまつわる商品を扱う
ライフスタイルショップとして2年前にオープンしました。
%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%82%b02
繊研新聞9月30日号でも報じられているように今回の改装は
ロンハーマンを担当している三根上席執行役員がラカグも兼務して
いかにネットでは足りない居心地の良さと商品を探す楽しさに焦点を絞って
個性や独自性を追求した店つくりをしています。
 
1階はカフェやグローサリー雑貨やハイブランドの商品を色でかっこよくディスプレイしていたり、
2階は食器やメガネ、スクーターなど40から50歳の大人の男性を意識した品揃えで、
テーストは30代で上質でシンプルなデザインのものが主体で個人的には欲しいモノが多いです(笑)。
何気なくギャルソンシャツが置いてあり、ギャルソンの店には見ないシンプルなプレーンなものがあったり、
コンバースとのコラボのスニーカーなど今の時代をとらえている品揃えを
ジャケットにバンズのスニーカーを合わせた大人のコーディネイトで提案しています。
雑貨的な安価な楽しい商品もあり幅広い品揃えです。
 
改装期間中はロンハーマンの店舗でラカグのスタッフの再研修もおこなって
お客様がわざわざ店に来て下さる品揃え、接客、内装などを提供しようとする姿勢が
感じられます。
50代後半の私にドンピシャのコーディネイトもあり思わず購入しそうになってしまいました(笑)
ただ単にチェーン展開するのではなくじっくり1店ごとの個性、独自性が求められる時代になってきました。
こういう店が増えると実際足を運んで買い物するのが楽しくなりますね。

関連記事