トピックス

モノつくりからから 世界基準の商業施設に 佐藤繊維のブランディング

yjimageEK2MTQWO

山形から世界へ 佐藤繊維のブランディング (日経MJの記事より)

2015年山形県寒河江にアパレル、雑貨。カフェなどの商業施設がオープンしました。
手掛けたのは世界の有名ブランドに糸を提供する佐藤繊維。
紡績工場だった空間に世界中から集めた感度の高い商品を集めものつくりのメーカーらしい
セレクトショップをオープンしました。

むき出しの大理石の壁、天井は骨太のはりが随所に配置された紡績機。
複合商業施設ギアは人の使いこんだ温かみや年月の積み重ねを感じさせる
建物と空間が特徴です。

もともと別の場所にあった酒蔵を60年前に移築して紡績ニット工場として
使用してました。それを4代目の佐藤正樹さんがモダンにリノベーションして
オシャレな商業施設として生まれ変わりました。

施設はファション棟のギア♯1とライフスタイルのギア♯2の2棟からなり
世界各国のハイブランドから日本のクリエイターのものまでセレクトされた
アパレル。アクセ、雑貨などが並んでいます。

すべて有名無名に関わらず、価値観があり、ファッション性や
素材にこだわっているブランドを集めました。佐藤繊維の自社ブランドも
置いてあります。

オリジナルの品揃えと工場空間に配する見せ方も新鮮で
紡績機の横にラックを置いてゆとりある空間で服をかけているので
買い物をしながら物つくりの姿勢を重ねて体験できます。

2階はガラスを前面に使った部屋がありアレキサンダーワンなどの
ハイブランドが並び、まさにメーカーの実験室のような感覚です
パリ、ニューヨークで買い付けたアンティークと最先端の音響を取り入れた
スピーカーを置くなど新しいモノと古いモノを融合して空間を作っています。

ギア♯2は落ち着ける空間にしてあり、家具、食器、書籍などの中に
地元の作家さんの作品を展示して市内のコーヒー専門店
「オーロラコーヒー」のコーヒーが飲めるカフェスペースもあります。
これからはワークショップなどコミュニティー空間として提供していきます。

佐藤繊維が世界に名を知らしめたのが「サルタン」という高級ニット糸です。
試行錯誤を繰り返しながらカシミアに勝るとも劣らない風合いを研究し
世界のトップブランドから認められた自負心がこの施設に反映されています。

都心では味わえない贅沢な空間で買い物が楽しめる世界基準のファッション、暮らしの
を発信しようと考えています

今後は宿泊施設も設けるという予定だそうです。

今商品の差別化は中々できない時代でどこでだれから買うか?
が私は自分の中では重要なポイントで旅行と買い物が同時に楽しめる空間は
大人が求める非日常の体験でとても興味があります。有名セレクトの社長が続々と視察に来ているそうです。

フルーツの美味しい時にいってレポートしてきます。(笑)

関連記事